株式会社フロンティア・フィールド

TEL:03-6268-9071 営業時間 9:30〜18:30
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

病院内のPHSを日病モバイルに変更しませんか?

端末の複数人利用によるコストカット 院内でも院外でも活用できる電波の利用 情報漏洩のリスクも回避端末の複数人利用によるコストカット 院内でも院外でも活用できる電波の利用 情報漏洩のリスクも回避

PHSからスマホへ変更をご検討の方
まずはお問い合わせください

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

PHSのお悩み、
日病モバイルで解決しませんか?

外線が使えない… 修理費用が高い… 機種が古い… 加えて2022年11月30日に旧スプリアス規格が使用不可に…外線が使えない… 修理費用が高い… 機種が古い… 加えて2022年11月30日に旧スプリアス規格が使用不可に…

スマホへの乗り換えのご相談は日病モバイルスマホへの乗り換えのご相談は日病モバイル

3つのメリットでスマホ導入の効果を最大化3つのメリットでスマホ導入の効果を最大化

単なる通信機器でなく、業務改善の
パートナーとして活用いただけます

業務改善・コスト抑制・セキュリティ保守業務改善・コスト抑制・セキュリティ保守

日病モバイルならスマホ活用における
コストカットから業務改善まで
“全て”ご提案します

特許技術による
切替コスト削減のご提案

- 特許技術 -

職員さま毎にID・ログインパスワードを付与
スマホを使い回すことで端末費用をカット

希望いただいた職員さま全員にIDとパスワードを付与するため、
職員様の間で端末を共有してご利用いただけます。
これにより、端末・回線にかかる費用負担をカットいたします。

病院内のデータを
外に漏らさない仕組み

医療現場でも安心のセキュリティ
専用回線を介して通信

銀行などのセキュリティが重視されている現場で活用されている技術を活用し、第三者にデータが盗み見られる可能性を低くしました。

病院の内外でもセキュリティが守られる
ビデオ通話サービス※オプション

日病モバイルを所有している職員同士であれば、セキュリティが守られた状態でビデオ通話ができます。録画、録音なども可能です。カンファレンスなどにも利用していただけます。

全ての端末を一画面で管理
不慮の紛失時も遠隔でロック可能

全ての端末を管理者が一画面で管理できます。紛失時の遠隔ロック、アプリDL規制、セキュリティ管理、Androidバージョンアップ制御などが簡単にできます。

アプリと写真で
情報共有を早く正確に

ナースコールの着信がスマホに
標準装備なので追加費用がかかりません

ナースコール、PBX、日病モバイルの連携により実現。アイホン製、ケアコム製のナースコールシステムに対応しております。

チャット機能とカメラ機能の標準搭載

チャット機能ではグループチャットも可能。カメラで撮影した写真は専用サーバーのフォルダに保存されます。

オプション追加で
さらなる業務改善を実現

スタッフ全員の勤怠打刻やワークフローを
一元管理!人事・労務の作業を効率化

出勤時間・退勤時間および休憩時間をWEB上で打刻することができます。また、残業や休日出勤や物品購入などの申請もすることができます。

職員全員のスケジュールが一目で分かる
共用スケジューラー

共用のスケジューラーで職員さまが「いつ」「どこで」「なにを」しているか把握することができます。

“会議召集機能”で全員のスケジュールを
自動で抑えることも可能です

管理者から全端末への一斉送信が可能
業務連絡の見落としがなくなります

管理者のPCから全端末への情報一斉送信が可能ですので、従業員に伝えなければいけない業務連絡の漏れがなくなります。

MR等の業者とのスケジュールの
共有・管理・記録もお任せください

スケジュールの共有・管理・記録を徹底することで、業者の病院への不要な立ち入りを阻止することができます。

各資料の保存・閲覧・修正が
日病モバイル上からも可能になります

自身の業務管理がらくらく!
TODOリスト機能

自身の作業リストを登録し、完了した作業は星印をつけることで簡単なタスク管理を実現しました。

PHSからスマホへ変更をご検討の方
まずはお問い合わせください

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

導入いただいたお客様から沢山のお喜びの声をいただいております導入いただいたお客様から沢山のお喜びの声をいただいております

日病モバイルは病院にとって「なくてはならないもの」になる日病モバイルは病院にとって「なくてはならないもの」になる
(写真左)医療法人社団研仁会 北海道脳神経外科記念病院事務長 三森 政自 氏、(写真右)医療法人社団研仁会 北海道脳神経外科記念病院システム管理課主任 河口 貢 氏

日病モバイルを選んだのは、毎日使うものだからこそ、働く職員の役立つものを選びたかったことが一番の理由です。一台で「電子カルテ」などを共有できますし、今後の拡張性などを考えると、今後は医療機関においてなくてはならないものになると思います。

(写真左)医療法人社団研仁会 北海道脳神経外科記念病院事務長 三森 政自 氏、(写真右)医療法人社団研仁会 北海道脳神経外科記念病院システム管理課主任 河口 貢 氏

- 他社比較 -

※接続可能なナースコール、PBX、電子カルテシステム等については
お問い合わせください。

- 導入スケジュール -

PHSからスマホへ変更をご検討の方
まずはお問い合わせください

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

会社概要